医療脱毛 永久脱毛 医療行為

医療脱毛による永久脱毛は医療行為です

 

 

永久脱毛というとまず思い浮かぶのが、クリニックや美容皮膚科での医療脱毛ではないでしょうか。

 

医療脱毛は正式には確実に永久にムダ毛が生えてこなくなるというものではありませんが、通常のエステサロンでの脱毛に比べて機器の出力が高く、ほぼ半永久的な脱毛効果が期待できるという点から永久脱毛と呼ばれる場合もあります。

 

 

そしてこの医療脱毛は、エステ脱毛とは異なり医療行為としてみなされています。

 

その理由は使用されるレーザー機器の出力の強さにあり、施術を行うものは必ず特殊な資格を保有する医師や看護師によってのみとなります。

 

エステでのフラッシュ脱毛とメカニズムとしてはほぼ同じものなのですが、フラッシュ脱毛の施術は特殊な資格を有する必要はありません。

 

 

資格保有者による施術が受けられるため、医療脱毛は技術面で安心でき、また医療機関で行われるため衛生面でも信頼しやすいといった理由から医療レーザー脱毛を選択する人は少なくありません。

 

また効果の出やすさが優れている点も魅力で、フラッシュ脱毛では完全にムダ毛が生えてこなくなるまで通常8〜12回程度の施術が必要になりますが、医療レーザー脱毛では早ければ5回ほどで十分な効果が得られる場合もあります。

 

 

例えば、医療脱毛についてもっと知りたい場合だと、こちらが、参考になると思いますので、上手く活用して下さい。