医療脱毛 サロン 永久脱毛

永久脱毛するなら医療脱毛とサロンのどちらが良いか

 

医療脱毛はレーザー機器による脱毛が代表的で、脱毛効果が高い分だけ肌への副作用も大きなものとなってしまいます。

 

一般的には施術後数時間から数日に掛けて、肌の赤みが生じると同時に熱を持ったような状態が続き、乾燥しやすくなるので普段より念入りなアフターケアが必要です。

 

 

サロンはほとんどがフラッシュ方式による脱毛となっていて、レーザーと比べて副作用が小さい一方で照射する光も弱いので、永久脱毛の実現までにかなりの施術回数を要する傾向があります。

 

これらは両者共に普及している脱毛方法となっており、単純にどちらが優れているかは断言できず、自身の肌質や脱毛部位に応じて使い分ける選択が結果へ大きく影響してきます。

 

 

まず、医療脱毛のレーザーは少ない回数で効果を得られやすいメリットを持ちますが、敏感肌やアレルギー体質の人に向いていない可能性が考えられ、通常より副作用が大きく出てしまうパターンも考慮しておく必要があります。

 

また、顔や脇・VIOといったデリケートな箇所を脱毛する場合には、トラブルを避ける為にも肌への影響を特に考慮しておくべきと言えます。

 

永久脱毛は効果が小さい施術ほど体感できるまでに多くの回数を要するので、肌が弱くサロンで地道に施術を受けるのであれば根気との勝負になってきます。