医療脱毛 全身脱毛 脱毛部位一覧

医療脱毛の全身脱毛で対象となる脱毛部位一覧は?

 

 

美容クリニックでの医療脱毛で全身脱毛をする場合、どんな部位が対象になるのでしょうか。クリニックや導入しているマシンによって違いがありますが、一般的な脱毛部位一覧をご紹介します。

 

まず、太い濃い毛が生えている部位があげられます。ワキやVラインです。iラインやoラインは、含む所と含まない所がありますので要チェックです。

 

 

産毛については、頭髪を除くほぼ全身が可能です。腕では、二の腕や下腕の他、手の甲や指の毛まで脱毛できます。

 

足では、すね毛や太ももの毛、足の甲や足の指の毛などです。膝は丸い形をしているので医療脱毛をしにくい部位ですが、可能としているクリニックが多いです。体では、胸、お腹、うなじ、背中、お尻の産毛の脱毛が受けられます。

 

乳輪に関しては、難しいとする医療機関もありますが、RF高周波を使った機種や蓄熱式の機種などだと出来る可能性が高いです。

 

 

気になる顔の脱毛ですが、眉毛と目の間以外の部分を対象とするのが通常です。目の上は、レーザーが当たると失明の恐れがあるため、当てられません。

 

それ以外の額やもみ上げ、頬、鼻の下やあごは医療脱毛ができます。首は、甲状腺を避ければレーザー脱毛は可能なようです。

 

医療脱毛での全身脱毛は機械の出力が高くて効果も抜群なので、多くの部位に照射しても1時間〜2時間程度で終わります。ほぼ全身の毛が無くせるのも長所です。